LOG IN

読めなくなったら看板もゴミと同じ → ×

by Katsumi TAZUKE

まだこの看板には、何と書いてあるか読むことができます。しかしもっと退色やサビ、腐食が進むと完全に読めなくなってしまいます。

メッセージを伝えることができなくなった看板は、残念ながらその機能を果たしていないので、ゴミと同じになってしまいます。実用品としては意味のないものになっているので、一般的には撤去したほうが良いでしょう。

ただし、存在価値がないかと言われれば、そうではありません。趣味の品として何だか面白いものとか骨董品的位置づけならば、価値の転換があるので、愛好家にとっては貴重品にもなり得るのです。


Katsumi TAZUKE
OTHER SNAPS