LOG IN

低価格を訴求するコピーとしては凝りすぎ → ×

by Katsumi TAZUKE

「豊かな低価格。」コピー表現としては面白いし、完成度も高いと思います。ただ、購入予備軍として利用者視点で低価格(値下げ)という文脈の中で考えると、このコピーはあまり響きませんでした。

コピーやビジュアルで物語性や付加価値を想起させるのであれば、それは値下げとは違う方策の中であれこれ考えた方が望ましいと思います。セール品を求めている人にとっては、逆にノイズになってしまう恐れすらあります。

また、透明とはいえ、キャッチコピーの上に重なるようにクリップを挟むのは良くないと感じました。単純に視認性が悪く読みにくくなるだけでなく、「歪んで」見えることで、そのことだけで悪い印象を与えてしまうからです。


Katsumi TAZUKE
OTHER SNAPS