LOG IN

テープの端を剥がしやすくする必要はあるのだろうか → ×

by Katsumi TAZUKE

衣料品店などで商品を購入するとレジで店員さんが袋詰めをしてくれます。その際、該当商品は間違いなく支払済であることをはっきりさせるために袋にテープを貼ることが多いようです。袋の上からテープを貼るのは、未会計の商品と混在することを防ぐのが目的だったと思われます。

いつ頃から始まったのか定かではありませんが、テープの端を折って剥がしやすくすることが頻繁に行われるようになり、商習慣として定着してしまったようです。これも細やかなおもてなしの心なのでしょうか。

本質論からすると、会計済みの購入商品を他のものと独立させ、はっきりと分離するために密封するテープ貼り付けなので、本来は剥がしにくいほうが望ましいのです。

また、百歩譲って自宅に持ち帰った後に剥がしやすくなっていたほうが、袋を再利用したいお客様のためになるとも考えられます。しかしセールで混み合っていてレジでの会計が行列状態なら、気遣いのためテープを折るおもてなしの行為より、少しでも迅速に会計を進めるほうが優先されると思います。


Katsumi TAZUKE
OTHER SNAPS