LOG IN

らしさの適度な演出 → ◯

by Katsumi TAZUKE

京都のおみやげをいただきました。和菓子の演出を施したチョコレート菓子でした。

パッケージに使われる紙も手すき風で、書体やロゴも京都への期待を裏切らないイメージ通りの気がします。歴史ある本当の老舗の方からすると、マーケティングで作られたイメージであって本当の伝統ではないという意見があるかも知れません。

しかし、おみやげは一般人が感じる作られたイメージにある程度沿っている必要があると思います。人は見たこともない斬新なものより、すでに知っているものを再認することで安心感を得るのでしょう。おみやげの品は特にそういう側面が強いと感じます。


Katsumi TAZUKE
OTHER SNAPS