LOG IN

このテキストリンクは返信ボタンと呼べるのだろうか? → ×

by Katsumi TAZUKE

表記文言に気を配ることは重要

某クラウドファンディングからのメール
某クラウドファンディングからのメール

某クラウドファンディングのWebサイトよりメールが届きました。メール文面に「※ このメールに返信しても送信元には届きません」とありますが、下部に「返信は以下のURLか、返信ボタンよりお願いします。」との表記があります。

要するに送信元のメールアドレス(no-reply@xxx.xx)に返信しても誰も読まれることはないので、メール送信者へ返信したい人は下部のリンクをクリックして、Webフォーム画面から入力してくださいという意図のようです。

「返信する」リンクおよび返信URLをクリックして表示されるWebフォーム画面
「返信する」リンクおよび返信URLをクリックして表示されるWebフォーム画面

ここで致命的にわかりにくいのは、「返信ボタン」という用語を使っていることです。一般的には文字列のテキストリンクはボタンとは呼ばず、Webブラウザやメールソフトの「返信ボタン」がボタンとみなされてしまいます。

一つの改善策ですが、「返信する」のテキストリンクを削除してしまい、「返信は以下のURLよりお願いします」とだけ表記すれば、明示的にWebフォーム画面だけから入力を受け付けることがはっきりするので望ましいのではないでしょうか。

少しでも誤解する要素を取り除く、理解を容易にするという点で、文言の吟味は必要かと考えます。


Katsumi TAZUKE
OTHER SNAPS