LOG IN

ポケットティッシュ広告の紙がすぐに外せる → ◯

by Katsumi TAZUKE

街中で配布している宣伝用のポケットティッシュ、目的は広告の対象に興味を持ってもらい、資料請求や問い合わせなど次のアクションに繋げたいことは間違いありません。

ただし受け取る立場としては、ポケットティッシュとしての利便性が気になります。持ち歩くポケットティッシュは、できるだけ広告が書かれている紙を取り去ってしまいたい訳です。広告文やPRが書かれている紙の着脱のしやすさについて、こだわってみたいと思います。

ビニールの中にティッシュを包むように広告の紙が巻いてあるタイプは、紙だけを取り外すのが面倒で、場合によっては外側のビニールを破いてしまう恐れがあります。

ポケットティッシュのビニールを開封しなくても、紙が差し込んであるだけで、抜けばすぐに分離できるタイプもあり、こちらの方が好感が持てます。もし広告内容に興味があればどちらのタイプでも資料請求や問い合わせなど次のアクションを起こすので、企業イメージとしては、後者の分離タイプが望ましいのではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Katsumi TAZUKE
OTHER SNAPS