LOG IN

入力項目の順番は妥当だろうか → ×

by Katsumi TAZUKE

誰もが知る大手携帯電話キャリアのパソコン用会員ページログイン画面です。一見して普通で問題なさそうですが、どこに問題が含まれているのでしょうか。

利用者がそのように操作すると想定されているシナリオは下記の通りだと思われます。そしておそらく過半数以上の人が想定通りの操作を行うでしょう。

1.マウスで携帯電話番号の入力フィールドをクリックし、携帯電話番号をキーボードから入力する。
2.同じくマウスでパスワード欄をクリックし、パスワードをキーボードから入力する。
3.犬のアイコンをマウスでドラッグして、左の図形に重ねる。
4.ログインボタンをマウスでクリックする。

しかし、会員ログイン画面は何度も頻繁に使う画面なので、慣れてくると、1と2のキーボードからの入力直後にリターンキー(エンターキー)を押してしまうことが何度もあります。

その点に注目すると、「2パスワード入力とその確定である4ログインボタンクリックまたはリターン」はひとつの操作のかたまりとして意識した方が良いのではないかと思います。

ただし、一般的には会員IDである携帯電話番号とパスワードは、キーとして最初に入力するのが妥当なので、現状のユーザーインターフェイス要素を継続するとなると、3アイコンドラッグの置き場所が悩ましいことになります。

多少違和感が残りますが、携帯電話番号とパスワードを連続した組み合わせと考えず、携帯電話番号→アイコンドラッグ→パスワード→ログイン とする方法もあるのではないかと考えます。


Katsumi TAZUKE
OTHER SNAPS