LOG IN

第18回情報デザインフォーラムに参加しました → ◯

by Katsumi TAZUKE

2015年12月2日(水)二子玉川RISEにある東京都市大学 夢キャンパスで、第18回情報デザインフォーラムが開催されましたので、参加しました。

今回は情報デザインフォーラム主要メンバーのおひとりである浅野様の教育論が心に刺さっています。スキルとは具体的には何かというテーマでした。

「スキル=知識・技術+判断」というシンプルな式です。知識や技術は個々人の仕事や日々の業務の文脈に依存するもので、ポータビリティは小さいが、身につけた知識や技術をもとにした「判断」こそがより重要で、判断力は日常の文脈にべったり依存していないので、環境が変わってもポータビリティが高いということです。

時代や職場が変わっても、持っていけるのは後者の判断力で、この能力を高める必要があると説かれます。そのためには下記が重要とのこと。

  1. 好奇心を持つ
  2. モノではなくヒトをみる
  3. ゴールを常に意識する
  4. 人と違う方向・視点からみる(リフレーミング)

日々の忙しさにかまけて予定調和の中で、自分自身の頭で考えないで生きている私にとっては、非常に刺激になる機会となりました。



Katsumi TAZUKE
OTHER SNAPS