LOG IN

流すのはレバーがいい → ◯

by Katsumi TAZUKE

最近のトイレは流すボタンが壁面にあり大きめのボタンになっているケースが多く、写真のようなレバー式は今となってはクラシックな感じすらします。

ただしコストやメンテナンスなどを考えれば、故障したら壁に埋め込んだユニットを取り替えなければならないボタンによるスイッチ機構より、単純なレバー式の方が長期的には優れているように感じます。

また、昔の水洗レバーは短く、押すのに大きな力が必要でしたが、上記例のようなタイプだと、レバーが長く梃子の原理で握力の弱い人でも押しやすくなっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加



Katsumi TAZUKE
OTHER SNAPS