LOG IN

手すりの使い方をていねいに説明する → ◯

by Katsumi TAZUKE

ユニバーサルデザインに配慮した手すりが設置された駅に、簡単なガイダンスとなる説明図が添えられていました。

この手すりは、直線ではなく階段状に水平部分と斜めの部分とから構成されており、階段を上る時には斜めの部分を引き、下る場合には水平部分で体を支えるようにできています。

本来はこのような説明図なしでも使いこなせるのが理想だと考えますが、現状の手すりでは、せっかくの配慮も正しく使わないとその効果を発揮できません。慣れるまではこのような説明図は必要だと感じました。

このエントリーをはてなブックマークに追加



Katsumi TAZUKE
OTHER SNAPS