LOG IN

小さいお店が生き残るためのメッセージだが → ◯

by Katsumi TAZUKE

当店の常連のお客様は替芯をおさがしのあなたです

地元の商店街に小さな文房具店があり、店頭にパネルが掲げられていました。幅広い品揃えや安値では大型店とは勝負にならないので、このような個人客の細かなニーズに対応するスタイルにならざるをえないのはよくわかります。

遠くまで出かけることが困難な高齢者の割合が近隣に増えているので、替え芯を買い求めるお客様の需要はある程度見込めるものと思われます。

しかし、替え芯だけではどんどんシャッター通り化している商店街の個人商店の売上減少を食い止めるのは至難の技であり、すぐに限界が来てしまいます。心温まるメッセージは響いたのですが、実際のところどうなの?という点では美談では済まない大きな課題を抱えていると考えます。すぐには答えの出ない厳しい問題です。

このエントリーをはてなブックマークに追加



Katsumi TAZUKE
OTHER SNAPS