LOG IN

黄色い床面と呼ぶにはちょっと無理がある → ×

by Katsumi TAZUKE

色の呼び方は難しい問題のひとつです。世代によっても微妙な違いがありますし、国や社会集団によっても様々な違いがあると思います。個人差も大きい領域でしょう。

上記の例では駅前の自転車放置に業を煮やした結果、止むを得ずこのような貼り紙を掲示することになったと考えられますが、ベージュのタイルを黄色(yellow)と呼ぶのは少々苦しい感じがします。朝晩の薄暗い時間帯だとなおさら灰色に近く見えてしまい、印象として黄色っぽくは見えません。

もちろんこれで駐輪禁止のエリアは理解できますし、伝わっているとも言えます。

日中の明るい日差しの下ではグレーのタイルに比べれば、暖色系ですので黄色っぽいとは言えますが、色の呼び方としてどうしても違和感を感じます。彩度も低いベージュのタイルの色をお年寄りでも子供でもわかるように表現するには、何色と呼べばいいでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加



Katsumi TAZUKE
OTHER SNAPS