LOG IN

「激安」は長期的に効くのか? → ×

by Katsumi TAZUKE

特にこれといった特徴もない駐車場の案内看板です。強いて挙げれば付近に競合となる駐車場が少ないことでしょうか。

駐車料金は相場よりちょっと安いぐらいで激安とはいえない感触でした。利用者が納得すれば良い話なので、外野が騒ぐことではないのですが、限られた看板というスペースに入れる情報として「激安」はどうなのかという点について考えました。

料金が安いことは重要な要素なので、目にや入りやすく心を動かされます。路肩にとめて具体的な料金を確かめると、当然安いだろうと期待値が上がっているのでそのギャップに驚き、別の駐車場を探すかも知れません。急いでいたら多少高いと感じても、そのまま駐めてしまうかも知れません。

案内看板を人を振り向かせるためのフックとみるか、情報提示とみるかによって考え方は変わると思います。この種のものはどちらか一方ではなく、両方が混在しているので難しいのですが、ギャップがあまりにも大きすぎると利用者がゼロになってしまいます。

「激安」で釣るよりも具体的な駐車料金を示したほうが、裏切られたという印象を与えないので、長期的・総合的に望ましいのではないかと考えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加



Katsumi TAZUKE
OTHER SNAPS