LOG IN

静電気除去マットに触れずに画面の注意書きをタッチしてしまうかも知れません → ×

by Katsumi TAZUKE

コンビニの複合機を使って、利用者が持ってきたUSBメモリやSDカードなどの各種メディアのファイルを読み取ってセルフで印刷するサービスがあります。

外出時急にプリントアウトが必要になったときに事前申し込みなどの手続きも不要なので、たまに利用していますが、メディアを挿入するとき画面ガイダンスに静電気除去のためにマットに触れてくださいというステップがあります。

あたりまえですが、静電気除去が目的なので、画面から離れて写真の例では右上にある緑色の物理的なマットに触れる必要があります。

しかし初めて使ったとき急いでいたことも相まって、操作に集中していると、意識がガイダンス画面から離れずに、思わず画面に書かれた注意書きをタッチしてしまいました。笑い話で済めばよいですが、実際にユーザーテストをやってみたら、案外画面の外に置いてある静電気除去マットの存在に気がつかないケースがあるのかも知れません。

瑣末なことかも知れませんが、どこに静電気除去マットを置くか、その場所をガイダンス画面上でどう説明するかも重要な視点だと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加



Katsumi TAZUKE
OTHER SNAPS