LOG IN

折れたポールは撤去しないと危険 → ×

かなり通行量の多いバイパス道路で、劣化したのか車の接触なのか不明ですが、ポールがポッキリ折れていました。 ポールとして機能している際は役に立つものですが、壊れてしまうと単なる粗大ゴミです。 当たり前のことですが、この大きさのゴミが車道上をコロコロ転がってしまえば、危険な状態になります。美観の問題ではなく、安全上の問題として機能しなくな

ブログは書かないと読まれない → ×

ごく当たり前の話ですが、新しい記事を書かないと誰もブログを読んでくれません。書いても読んでくれるとは限りません。しかし書けばわたしのブログテーマに関心を少しでも持ってくれている方は、流し読み程度はしていただけるようです。 凡庸でも「継続は力」だけは実践できそうなので、これからも駄文を重ねていきたいと考えます。

きれいにはがせるラベル → ◯

ネット通販を利用すると、ダンボール箱やクッション封筒が溜まってきます。特にクッション封筒は小物を送付するときに再利用できるので、住所などのラベルを剥がしてとっておきます。 その際、ラベルがきれいに剥がれるようになっていると非常にありがたいです。ラベルが貼り付けられている封筒部分の紙が剥がれてしまうことが多いのですが、配送業者によって

活版TOKYO2017 → ◯

2017年7月16日(日)猛暑の中、神保町で「活版」を楽しむ夏の祭典に出かけてきました。 東西から活版工房や作家が集まる活版マーケット 活版に携わる「つくり手」と対面で会話ができるブースが数多くありました。紙のことや印刷のこと、手作り感あふれる活版印刷の世界の魅力を聞くことができました。 多摩地域からも我らのクルミド出版さんが出展されていました。

らしさの適度な演出 → ◯

京都のおみやげをいただきました。和菓子の演出を施したチョコレート菓子でした。 パッケージに使われる紙も手すき風で、書体やロゴも京都への期待を裏切らないイメージ通りの気がします。歴史ある本当の老舗の方からすると、マーケティングで作られたイメージであって本当の伝統ではないという意見があるかも知れません。 しかし、おみやげは一般人が感じる作